コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 45This post:
  • 483568Total reads(閲覧数):
  • 177759Total visitors(訪問者):
  • 59Visitors today(今日):
  • 72Visitors yesterday(昨日):
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

日本人の宗教観と宗教統一の可能性

 ザビエルらキリスト教の伝道師が、日本で初めて伝道しよう4866cb2f61f86_1.pngとした時にデウス(Deus)(ラテン語)を、どう伝えるかが問題となった。

神は日本的多神教の神を表すのでふさわしくないと考え、大日と訳したところ、仏教の僧侶らは、仏教の一派と考え受け入れる者が多かったといわれている。しかし誤解を生んでいるのがわかったため、直接デウスと呼ぶことに変更し、天帝や天主という字を当てたということである。

実際日本のキリスト教人口は、1パーセントに満たないとされるのはどういうことかといえば、江戸幕府の鎖国制度、檀家制度を中心とするキリスト教の禁止令の中で、キリスト教が受け容れられない基盤が出来たからであるといえる。

日本の現状は、日本古来の神道、仏教や儒教等さまざまな宗教が入り乱れる中で、あまり宗教にはこだわらない民族性が醸成され、その中で啓蒙思想から発達した共産主義的無神論が“科学的”という旗印の下に、宗教を迷信として葬り去ろうとしているのである。

要するに呼び名はまちまちでも良いが、宇宙を創造した我々の親なる存在(エネルギーでも、アッラーでも)があると信ずることが出来れば、各宗教が1つになる道があるだろう。

日本の宗教者は結束して無神論的思想に対抗しなければ、日本の未来は暗澹たるものとなってしまうであろう。

宗教ランキング←クリック(応援)お願いします。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">