コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 82This post:
  • 462035Total reads(閲覧数):
  • 171245Total visitors(訪問者):
  • 55Visitors today(今日):
  • 66Visitors yesterday(昨日):
2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

思考停止??“個人と全体”

 サッカーにおける監督の位置は重要である。監督の言う通りに動かない選手を監督は使うことが出来ない。そうでなければ、監督という立場が意味を成さないのである。

 会社における上司と部下の関係もこれに似ている。1つの目的を持った全体を効率という1側面から見ればそうなるのだが、特に創造的な内容を追求する会社では、必ずしもこのような体制が良いとは限らない。

 一人一人が有機的に、創造性を持って動く個人が集まった会社にはかなわない可能性がある。そういう会社では、マネージャーがいちいち細かい指示を出す必要が無い。

統一原理に“個性真理体”という言葉がある。1人(個人)にはその人しか持ち得ない価値があるというのだ。お釈迦様の言った“天上天下唯我独尊”とは、実はこの事を言っていると統一原理は説く。

統一教会を指して“思考停止集団”という批判がある。個人の成長のため、一時的に“自己否定”の環境が与えられることがあり、そういう場合に一端、自分の考えを捨てることがそのことを指すと考えられるが(いわゆる我を捨てるという意味)、そのことが続くわけではないので、そのような批判は見当外れである。

統一教会における会員の上下関係は兄弟関係しかない。これは愛の関係である。会社における関係とは違う。だから弟が間違えば文句も言う事ができるし、けんかもすることが出来る。だからそれらの意見を統一する為には、愛による自然屈服の道しかないのである。

宗教ランキング←クリック(応援)お願いします。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">