コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 259This post:
  • 499325Total reads(閲覧数):
  • 181974Total visitors(訪問者):
  • 65Visitors today(今日):
  • 73Visitors yesterday(昨日):
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

天地人真の父母勝利解放完成開門時代 既成祝福式開催!!

4月30日、和歌山教会において、「天地人真の父母勝利解放完成開門時代 既成祝福式」が開催されました。既成祝福10組、独身祝福10組の新郎新婦が参加しました。主礼入場の後、聖酒式が厳かに行われました。主礼の祝祷を聞きながら、涙を流す新郎新婦もいました。その後、引き続き祝福式が行われ、代表家庭2組が壇上に上がり、聖水式、聖婚問答、主礼による祝祷が行われました。



最後に全体で記念撮影を行い、その後、家庭ごとに家族や祝賀客と一緒に記念撮影を行いました。その後、既成祝福を受けた新郎新婦は蕩減棒儀式を行いました。
第2部として、祝賀会が盛大に行われました。最初、中高生達によるコーラスがあり、乾杯の後、準備された食事を囲みながら楽しい歓談の時間を持ちました。その後、今回独身祝福を受けた婦人の孫にあたる高校生の二世が新体操の創作演舞を披露しました。みごとな演舞に皆感動の拍手を送りました。続いて、ピアノ演奏と韓国婦人2人による祝賀の歌が披露されました。

そして、新郎新婦の思い出の写真と一言メッセージを綴った「思い出のアルバム」上映がなされ、会場全体が感動の雰囲気に包まれました。更に、新婦や家族が準備してきた「感謝の手紙」が披露され、感謝と感動の涙が会場全体に溢れました。神様と真の父母様の愛と祝福の恩恵に包まれた祝福式となりました。
最後に全体で記念撮影を行い、その後、家庭ごとに家族や祝賀客と一緒に記念撮影を行いました。その後、既成祝福を受けた新郎新婦は蕩減棒儀式を行いました。

第2部として、祝賀会が盛大に行われました。最初、中高生達によるコーラスがあり、乾杯の後、準備された食事を囲みながら楽しい歓談の時間を持ちました。その後、今回独身祝福を受けた婦人の孫にあたる高校生の二世が新体操の創作演舞を披露しました。みごとな演舞に皆感動の拍手を送りました。続いて、ピアノ演奏と韓国婦人2人による祝賀の歌が披露されました。

そして、新郎新婦の思い出の写真と一言メッセージを綴った「思い出のアルバム」上映がなされ、会場全体が感動の雰囲気に包まれました。更に、新婦や家族が準備してきた「感謝の手紙」が披露され、感謝と感動の涙が会場全体に溢れました。神様と真の父母様の愛と祝福の恩恵に包まれた祝福式となりました。(祝福伝道ニュースから引用)

(管理人のコメント)
 2008年2月からこのサイトを立ち上げました。初めは各担当者にお願いして記事などを入れてもらう予定でしたが、なかなか皆忙しくしているので、結局1人のみで続けています。
 公式サイトなのに個人ブログのようになっている所は、少しご勘弁願いまして、できるだけ和歌山教会のローカルな視点からこれからも続けていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。
—-
うーん・・・・祝福式っていいですねぇ・・・。 今回は一旦結婚したカップルが受ける“既成祝福式”と未婚や死別したという理由で独身の方が受ける“独身祝福”ですが、この現世には、かつてなかった永遠の愛、永遠の幸せがここにあるということを改めて実感しますね・・・・。統一原理を少し勉強してみればわかりますが、この世の争いは、カインとアベルの闘争(兄弟喧嘩)から始まったということに気付けば、解決の道はこの祝福結婚式以外にないという結論に到達するんですね・・・・・。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">