最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 86This post:
  • 583758Total reads(閲覧数):
  • 203985Total visitors(訪問者):
  • 65Visitors today(今日):
  • 65Visitors yesterday(昨日):
2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

十字架の贖罪

link0035.PNG十字架の贖罪には限界があって当然だと思う。人間自身の努力がなければ、わざと(罪と自覚しつつ)罪を犯して、日曜日ごとに悔い改めれば天国へ行けるという話は、あまりにも虫が良過ぎる・・・・。(だから信者が増えるのだろうが・・・・)

>十字架の贖罪により救いの摂理は完成されただろうか

>イエス・キリストの十字架の贖罪により、果たして、復帰摂理の目的が完成され、すべての信徒たちが創造本性を復帰し、地上天国を成就できるようになったであろうか。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)

>人類歴史以来、いかに誠実な信仰の篤い信徒であっても、神の心情を体恤して、神性をもつようになり、神と一体化し、神と不可分の生活をした人は一人もいない。

>したがって、贖罪が必要でなく、祈祷や信仰生活をしなくてもよいような信徒は一人もいないのである。事実、パウロのような立派な信仰者であっても、涙に満ちた祈祷と信仰生活をしなければならなかった(ロマ七・18~25)。

>そればかりでなく、いくら信仰の篤い父母であっても、救い主の贖罪を受けずには、天国へ行ける原罪のない子女を生むことはできないということから推察してみても、我々は、その父母が依然として、その子女に原罪を遺伝させているという事実を知ることができるのである。

>それでは、キリスト教信徒たちの、このような信仰生活の実相は、我々に何を教示しているのであろうか。それは、十字架による贖罪が、我々の原罪を完全に清算することができず、したがって、人間の創造本性を完全に復帰することができないという事実を、端的に物語っているのである。

第四章 メシヤの降臨とその再臨の目的より

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">