コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 101This post:
  • 484028Total reads(閲覧数):
  • 177950Total visitors(訪問者):
  • 25Visitors today(今日):
  • 94Visitors yesterday(昨日):
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

山岳救助の大変さについて

 ヘリコプターがらみの話題だが、福田内閣メールマガジン(第41号 2008/07/31)を見ていたら、「この人に聞きたい」というコーナーで富山県警察山岳警備隊長 高瀬洋さんが、救助ヘリコプターや救助隊員の活動の大変さを訴えていた。

宗教ランキング


>皆さんに是非、知っていただきたいことがあります。それは、遭難現場へ出動するヘリコプターは、高高度での飛行を余儀なくされるため、性能の限界で、しかも目に見えぬ乱気流と戦いながら飛行していること、また、悪天や夜間においては、地上から救助隊員が現場へ向かい落石や転落などに細心の注意を払いながら命がけの救助作業を行っているということです。

>どんな遭難であれ、救助活動に従事する隊員は、遭難者に対する嫌悪感や不快感を抱くことなく、遭難現場が厳しいほど使命感に燃え「助けてやれるのは自分たちしかいない」と、率先して活動しているのです。

しかし問題はここからだ。

>しかし、救助した後、遭難の経緯などを知らされ、正直言って、憤りを覚える事案があります。 例えば、山小屋などの山岳関係者から「悪天予想や登山道の未整備、あるいは豪雨による沢の増水や雪渓上での滑落、濃霧時の道迷いの危険など」で登山を中止するように忠告を受けても、それを無視して登山行為を継続したため遭難した、という起こるべきして起こったケースです。

登山やハイキング中にゴミを平気で捨てたり、警告を無視して行動する行為などは論外といえよう。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">