コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 89This post:
  • 474270Total reads(閲覧数):
  • 174892Total visitors(訪問者):
  • 33Visitors today(今日):
  • 70Visitors yesterday(昨日):
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

新牧師就任

20170306_033629000_iOS20170306_033625000_iOS

 
2月後半に人事異動がありました。

山川教区長に代わり、金牧師様が和歌山に就任されました。

以下は就任の説教です(抜粋)
当日、教会前に花が植えられました。

【日曜礼拝】(2017.3.5)

『一片丹心の希望』

私という人は74億の中で私しかいません。皆さんもそうです
ね~。

聖書は66巻ありますが4つのことが書かれています。第1は
「律法」、第2は「予言」、第3は「詩編」(信仰を持つこと
により試練、苦労、苦痛、悲しみ、多くのことを体験するの
で詩があります.)

聖書の詩編には私を癒し、役に立つ聖句がたくさんあります。
それに接すると神様の近くに行く感じがします。

第4は歴史です。お互いに率直にいえないと正義に通じません。

神様の声は聞こえないから人と話がしたいです。神様に願う
信仰は御利益信仰です。

「為に生きる」、言葉は聞いたが、私の性格、癖、習慣によ
って、その通りにならない時が多いでしょう。

神様の創造物の中で、一番は「人間」です。皆様!自信を持
ってください。
人間を最後に創造しましたが、完成したのは、最初でした。
それは人間が万物を主管する為です。神様に似せて創った。
神様は見えないから、何に似せて創造したのか?

答えの制限時間は3秒です。3秒以内にこたえる人になってく
ださい。

「3数」は神の数です。花の中で最高の花は、人の笑う姿です。

人間の美しい表情と花屋さんの花とどちらが美しいですか?

神様は天使を創造して、万物を作りました。万物のモデルと
して、人間を創造しました。最初人間を完成して、その次に
万物を完成しました。天使世界は未完成です。

天使の世界は朝から晩まで、ずっと働く立場です。

動くと「汗」が出ます。「汗」は地の為に流す事です。その
後で、シャワーを浴びて一杯の水を飲んだ時の感じは、「お
いしい」。そのときに神様を賛美すると「感謝」が浮かびま
す。

人間関係の中で「会話」が生命線です。その「会話」は何で
すか?一方的なのは「会話」ではないです。

「会話」は心のキャッチボールです。お互いに聴く立場と話
す立場の心のキャッチボールです。

「花瓶」の中にどんな花を入れた方が美しいですか? それは、
色とりどり様々な花です。

後天時代を出発する合言葉は「和合」です。どうしたら「和
合」ができるか?「和合」は条件なしに会う事です。

美しい花の中で最高の花は人間の笑顔です。人間最高の姿は
笑顔です。心の花です。その顔が神様に似た姿でしょう!

もしかして、嫌な人がいますか?会いたくない行きたくない
人がいますか?

そういう人は和歌山人になれないでしょう!皆さんをサポー
トしたいです。

教会の前に花を植えました。何個植えたか数えて見ますか?

皆さんをサポートするために来たことを理解する人は運勢が
来ます。

和歌山のモットーを紹介します。「親の心情、協力し合う兄
弟姉妹」です。いかがですか!

親は根っこ。苦労した姿は誇るべきではないです。

ありがとうございます。「信仰があれば動かない山も動きま
す。」(Aju)

 

 

 

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">