最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 210This post:
  • 583263Total reads(閲覧数):
  • 203826Total visitors(訪問者):
  • 50Visitors today(今日):
  • 70Visitors yesterday(昨日):
2018年9月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

熊野古道-5

次は伏拝王子。〔写真〕
cimg1536s.jpg

音はふしおがみおうじだが、現地の人の発音を聞くと、ふしょがみおうじと聞こえる。

4音節の音の音の王子が多いので、ふしおがみと5音節になると不自然なので4音節で発音しているのだろうか?

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


写真は和泉式部のことが書いてある案内板〔写真〕
cimg1538s.jpg
内容は
>和泉式部が熊野詣をして、伏拝の付近まで来たとき、にわかに月の障りとなった。これでは本宮参拝もできないと諦め、彼方に見える熊野本宮の森を伏し拝んで、歌を1首、詠んだ。

晴れやらぬ身のうき雲のたなびきて月のさわりとなるぞかなしき

すると、その夜、式部の夢に熊野権現が現われて、

もろともに塵にまじはる神なれば月のさわりもなにかくるしき

そう返歌したので、和泉式部はそのまま参詣することができたという。

これは熊野権現が何事も心が広く受け入れる神であることを表しているという。
(熊野古道HP・伏拝王子より)
石祠と和泉式部供養塔の笠塔婆があった。〔写真〕

cimg1541s.jpgcimg1542s.jpg

発心門王子方面から来て、〔写真〕

cimg1546s.jpg
熊野本宮方面に抜ける道〔写真〕

cimg1550s.jpg

は比較的細い道だが500mごとに連番の着いた標識があるので道がわかりやすくなっている。

~つづく~

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">