コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 257This post:
  • 499132Total reads(閲覧数):
  • 181923Total visitors(訪問者):
  • 14Visitors today(今日):
  • 73Visitors yesterday(昨日):
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

 アブラハムとサラ

二度目の旅

一昨日書いたのと同じ内容が、アブラハムとサラと名前を変えてからもあった。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


>アブラハムはそこからネゲブの地に移って、カデシとシュルの間に住んだ。彼がネゲブにとどまっていた時、アブラハムは妻のサラのことを、「これはわたしの妹です」と言ったので、ゲラルの王アビメレクは、人をつかわしてサラを召し入れた。(20:1)

>ところが夢に神がアビメレクに現れ、「彼女は夫のある身である。もしサラに手を出したら、あなたは死ななければならない」と告げたのです。アビメレクは驚いて、神に訴えました。彼はわたしの妹だと言ったのです。また彼女もわたしの兄ですと言ったのです。あなたは正しい民も殺されるのですか。わたしは心も清く、手も清いのです。

>「いま彼の妻を返しなさい。もし返さないなら、あなたも身内の者も、みな必ず死ぬでしょう。返すなら彼は預言者ですから、あなたを守って命を保たせるでしょう」

>アビメレクは目が覚めると、僕たちを集めてこの事を語ったので、人々は大いに恐れました。彼はアブラハムを呼び出して、詰問しました。

>「あなたは何という事をするのです。わたしがあなたに何をしたというのですか。あなたはしてはならない事をしたのです。あなたはわたしに、大きな罪を負わせるところだったのです」アブラハムは答えました。

>ここの人々は神を恐れるということが全くないので、妻のゆえに人々がわたしを殺すと思ったからです。それに、サラはわたしの妹でもあるのです。わたしの父の娘ですが、母の娘ではありません。わたしは彼女に行く先々で、わたしの兄ですと言ってくれと頼んだのです。それがわたしに施す、あなたの恵みですと言ったのです」

>そこでアビメレクはたくさんの家畜と、男女の奴隷をアブラハムに与え、妻のサラを返しました。彼はまた銀千シケルを与え、サラへの償いとしました。アブラハムはアビメレクのために祈ったので、彼の家の妻たちは子を産むようになりました。サラのゆえに、神がアビメレクの家の妻たちの胎を閉ざしておかれたのです。

これはいったいどういうことなのだろうか?

>アブラムとサライが神に呼び出されて、ハランからエジプトに旅立ったのと同じような路程なのです。エジプトのパロと、ネゲブのアビメレクの違いだけで、内容は全く同じです。前回は旅のあとで、おいのロトを敵から救いだしたのですが、今度はロトを救いだしたあとで、例の路程をたどるのです。あれから数えてみれば、25年が過ぎています。今ではサラは90歳です。アブラハムは百歳になっていました。

>さてこの変な話が、またも繰り返された意味は何でしょうか。アブラハム夫婦の旅そのものが、中心人物として立つ条件でした。そして人類を象徴するおいのロトを助けるという、いわば試練に勝って実績をあげたとき、神の祝福があったのです。そして神はアブラハムに、牛と羊とはとを裂いて捧げる象徴献祭を命じられたのでした。

>すでに見てきましたように、アブラハムは鳩を裂かないで献祭に失敗しました。アダム家庭ではカインが失敗し、ノア家庭ではアベルの立場の次子ハムが失敗しました。アブラハム家庭では、中心人物である彼自身が失敗したのです。

>これまで神は、一度失敗した者は惜しげもなく捨てられました。次の中心人物が立つまでに、ある摂理的な期間がありました。アダムからノアまで1600年、ノアからアブラハムまでが400年でした。

>アブラハムとサラの夫婦が再び同じ路程をたどるということは、アブラハムが中心人物としてもう一度、神の召命を受けたということです。神はまるで無理やりアブラハムを立たせるかのようです。百歳という年齢は実際の年齢というより、帰一数の10に意味があるのかも知れません。再びやり直すという意味です。一度失敗したアブラハムが、なぜもう一度、神の召命を受けるのか。ノックアウトされたピッチャーが翌日また登板するようなものです。彼でなければならない、神の事情があるということです。(聖書の秘密より)

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">