コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 98This post:
  • 462390Total reads(閲覧数):
  • 171319Total visitors(訪問者):
  • 55Visitors today(今日):
  • 74Visitors yesterday(昨日):
2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ジャーナリストA氏と脱会屋の関係-続拉致監禁情報

ジャーナリストA氏と脱会屋の関係が拉致監禁をなくす会のHPで明らかになった。

>「『宮村グループ』は、参議院選挙のとき、わずか2日間で、個人ビラ9万枚に証紙を貼ってくれたのだった。久々に深夜まで荻窪界隈」

これでは脱会屋の悪い事は書けまい・・・・。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


12年間拉致監禁されて、後藤さんが刑事告訴した相手は、プロの脱会屋である宮村峻である。

>(後藤さんは救出時、)身長は1メートル85センチなのに、体重はわずか37キロしかないという。

>翌年の九八年一月頃から、宮村峻が元信者を引き連れてやってくるようになった。いずれも宮村が強制説得した元信者だった。自宅で拉致されたときに庭に潜んでいた宮村の会社の社員もやってきた。

>宮村と元信者たちは、あらゆる非難、中傷、罵倒を浴びせかけ、何度も「バカ」「アホ」と私を侮辱した。
>こんなことがあった。宮村が来たとき、私は風呂場に入って「監禁だ!」と言って叫び続けた。すると宮村は、風呂場に入ってきて私の首の後ろの襟を掴み、私を風呂場から引きずり出した。

我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇 (単行本) )より

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">