コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 115This post:
  • 499325Total reads(閲覧数):
  • 181974Total visitors(訪問者):
  • 65Visitors today(今日):
  • 73Visitors yesterday(昨日):
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

大学が拉致監禁にかかわっているという問題点

14日紹介したブログのコメントの中で、大学が拉致監禁にかかわっている問題点が指摘されていた。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


“拉致監禁”を“保護説得”と言い換える巧妙なすり替えが行われている。

ブログによれば、

>ある特定集団に、定義さえ定まっていない“カルト”というレッテルを張って、カルトだから脱会させなければと考えるのは、あまりにも短絡的で怖い発想です。
なぜなら、戦時中に反戦運動をする人たちに「アカ」というレッテルを張って、非国民として社会からパージしたのと、思考スタイルが同じだからです。
——-
>「学生にとって不利益になると判断すれば、家族に連絡します」「カルトならカルトの専門家に連絡してアドバイスをいただきます」

>不利益になると判断するのは、大学の誰なのでしょうか。もし教授会で「議論に議論を重ねて」判断された結果であれば、教授会の自治として尊重します。しかし、この場合でも、問題点が2つあります。
大学の自治は教員、職員、学生によって構成されています。三者によって議論を重ねられたのでしょうか。
仮に教授会の自治で決定したとしても、それは公の形で明らかにしなければなりません。大学のサイトあるいは入学パンフなどに決議文は載っているのでしょうか。

これはもっともな指摘であり、大学関係者の方は、この件について是非、再度検討をお願いしたいと思う。

そして、いまだに監禁されて行方不明になっている人たちの一刻も早い解放を願う。
暴力、レイプ、自殺、PTSDの恐怖から解放しなければならない!

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">