コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 847This post:
  • 484031Total reads(閲覧数):
  • 177951Total visitors(訪問者):
  • 26Visitors today(今日):
  • 94Visitors yesterday(昨日):
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

分捧王中心摂理時代

分捧王とは聞きなれない言葉だが、平和の王から、使命を受けた者に与えられる称号と解釈したらよいだろう。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


>貴賓の皆様!

 きょうこの貴い日を迎え、世界各国から来られた皆様にお伝えようとするメッセージは、去る四月三十日から五月二日にわたって、アメリカのテキサスとワシントンD.C.で開催された南北米の首脳たちのセミナーで宣布した天のメッセージです。人類はすでに新しい時代圏である後天開闢の時代に入っています。平和の王として即位した私の命を受け、世界各地に派遣された分捧王たちを中心として天が役事され、この地に新天新地、すなわち天一国を完成させる時代です。

 皆様、イエス様の前に洗礼ヨハネが責任を果たしていたならば、ユダヤ教とイスラエルの反対にあって十字架の道に追い立てられるイエス様にはならなかったはずです。洗糺ヨハネと共に、イエス様はイスラエル民族を導き、天が数千年にわたって準備してきたローマを平定し、治めることができるようになっていたはずです。そのような基盤さえ確保していたならば、イエス様は世界へ通じるローマの道を通って、世界全域に分捧王たちを派遣していたでしょう。彼らは平和の王となられたイエス様を代身する代身者であり、天のみ旨を伝授された相続者としての分捧王の役割を果たして、この地球星に、国境がなく、垣根のない解放釈放の平和王国、すなわち天一国を創建していたでしょう。

 しかし、人類はサタンの計略から脱け出すことができないまま、再び二千年間の蕩減復帰の道を歩んできた事実を私たちはよく知っています。洗礼ヨハネ一人の失敗が、このように途方もない結果をもたらしたのです。

 天の摂理は、決して中断されても、放棄されてもいけないというのが天理です。ついにこの地、大韓民国が天の選択を受けて摂理を完成させる祖国となりました。真の父母様がこの地の精気を受けてお生まれになったからです

 私はすでに摂理の三大中心国に、アベル格の分捧王を任命、発表しました。摂理上、祖国の位置にある韓国を代表して郭錠喚UPF世界会長を、母格の国家である日本は小山田秀生日本UPF会長を、そして摂理的に長子格であるアメリカには朱東文ワシントンタイムズ会長を封じて派遣しました。

 それと共に、カイン型の分捧王として、北米圏を代表してジョージブッシュ元アメリカ大統領をその候補に選任し、南米圏を代表してサンギネッティ元ウルグアイ大統領を立て、南米大陸に平和運動を展開します。そして摂理的に祖国となる大韓民国のカイン型分捧王の位置には、全国民の元老として尊敬されている素石李哲承総裁を選任しました。

 皆様、私はこのように世界各国に分捧王たちを封ずる手続きを躍動的に進行させています。彼らは決して、洗礼ヨハネのような失敗を、二度と繰り返すことのできない時代圏に入ってきています。十字架の道に忽然と去られたイエス様の時とは違い、平和の王として天の印を受けた私は、必ずやこの地球星に神様の祖国光復を完成させなければならないからです。天が共にいらっしゃり、平和の王が中心軸に立ち、世界津々浦々に派遣された子女たちと分捧王たちを導き、永遠の平和が定着する本然の理想天国を創建するのです。

 どうか心と体を一つにして、きょう、天が下さるこの天の秘密の一端を皆様の心の中に刻印してください。今後の皆様の活動と人生を指導してくれる天道のみ言が、きょうのこのメッセージに込められていることを肝に銘じてください。尊敬するジョージ・ブッシュ・アメリカ大統領、そしてサンギネッティ・ウルグアイ大統領を初めとする中南米圏の元・現職首脳及び内外の貴賓の皆様!

 まず、忙しい日程を先に延ばし、このように本国際指導者大会に参加してくださった皆様に、私と私の家庭の名で心から感謝を申し上げます。
(平和メッセージ16より引用)

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">