コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 202This post:
  • 462389Total reads(閲覧数):
  • 171319Total visitors(訪問者):
  • 55Visitors today(今日):
  • 74Visitors yesterday(昨日):
2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

名古屋大学生、またまた監禁 ?!?!

拉致監禁をなくす会のページによれば、

名古屋大学生のK君が再び監禁されてしまったようだ。

名古屋大学生、K君が再び監禁?
http://rachi.info/article/110021635.html

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


なぜこんなことが頻繁に起こるのか?

本人の意思に反して、暴力で強引に監禁するという行為が、たとえ、親が関与していたとしても到底許されるものではないはずだ。

そして実行犯は“脱会屋”と呼ばれるプロ集団で、用意周到に拉致するチャンスを窺っている。そしてチャンスと見るや、白昼堂々、大勢でワゴン車に拉致して目張りしたマンションに連れ込むのである。合同結婚式で結婚した相手が居る場合は、あきらめさせるために強姦したりする場合があるという。

親は、重大な精神障害が起きたりすることはほとんど知らされていない。もしそれがわかっていれば、親ならば同意するはずがないだろう。だから親は脱会屋にだまされているに過ぎない。

“親”と“脱会屋”を分けて考えれば、たとえ同意したとしても“親”は被害者である。

司法は“脱会屋”に厳罰を与えるべきだ!!

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">