コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 201This post:
  • 483568Total reads(閲覧数):
  • 177759Total visitors(訪問者):
  • 59Visitors today(今日):
  • 72Visitors yesterday(昨日):
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

K君について続報が出た!!!

名古屋大学のK君について続報
http://rachi.info/article/110355376.html

いまなお続く拉致監禁・・・・。

私は、この問題に無関心であることができない。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)

何故、この問題を国民は放置しておけるのか・・・・。

暗い、密室に閉じ込められるつらさは、監禁された者にしかわからないつらさだろう。

そして、その異常な環境の中で、理不尽なことが行われる可能性は非常に大きい。

暴力、レイプなど、異常な環境では発生する可能性が非常に高いのである。

そして、脱出したとしても、その心の傷は癒えない。PTSD、自殺という重大な結果を引き起こしているのだ。

これは断じて“親子問題”などではない。

なぜなら、拉致監禁などという大掛かりな手段はプロでしかできないからだ。

そこには手馴れたノウハウが蓄積されているのに違いない。

全部、役割分担が決まっていて、用意周到にやらないと逃げられてしまって、不成功に終わるからだ。

親は、脱会を専門に行っている業者の“被害者”であることを前にも述べた。

「脱会屋」こそ“悪の権化”であることを周知していただきたい。

そしてもし親の方が見ておられたら忠告させていただくが、〔脱会屋〕に任せたら法外な料金を取られるだけでなく、子供さんが重大な精神的、肉体的ダメージを受けることを知って、思いとどまっていただきたい。

これ以上、北朝鮮以上の人権侵害を許すな!

そうでなければ、わが国は北朝鮮以下の状態であるということだ。国に対しては、北朝鮮拉致問題とともにこの問題を考えていただきたい。

2 comments to K君について続報が出た!!!

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">