コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 343This post:
  • 504878Total reads(閲覧数):
  • 183702Total visitors(訪問者):
  • 49Visitors today(今日):
  • 74Visitors yesterday(昨日):
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

米本氏の指摘する悪徳牧師・弁護士たちのカルト性

米本氏のブログ(2009/03/05)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/
によれば、拉致監禁から解放された家族の再生について書かれていた。

解放された後、もし家族が“包丁牧師”(注:我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇を参照)に相談していたらと思えば、ゾッとする。

宗教ランキング←クリック(応援お願いします)


そしてその前の記事(2009/03/02)小細工3 山口コラム(9)では
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-22.html
>2人の牧師が宿谷麻子氏たちに重篤な心的外傷を与えた。そのことをルポで読んで知ったのにもかかわらず、コラムでは一語足りとも言及しない。これも「小細工」の一つである。

とある。

>弁護士バッジを返上して、反統一教会組織の献身者になったらどうかと、皮肉の一つでも言いたくなる。

とあるが、そのことが正に米本氏の指摘する悪徳牧師・弁護士等のカルト性だと思う。

即ち自分達に都合の悪い事は隠蔽し、統一教会をいかにも凶悪な犯罪集団のようにレッテル貼りをする。そしてそういうふうに家族達に説明し、不安を煽りたてるのが彼等の役目と目的である。

拉致監禁によって自殺、暴力による傷害・レイプが起こったり、PTSD等の重度の障害が出る事を、家族に説明しているとは到底思えない。

そして家族を保護説得(と彼等は呼んでいるが)に駆り立てるのである。

拉致監禁問題は北朝鮮拉致問題と共に、全国民をあげて解決すべき問題の一つであるということを、さらに声を高くして訴えたい。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">