コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 409This post:
  • 461343Total reads(閲覧数):
  • 171018Total visitors(訪問者):
  • 71Visitors today(今日):
  • 73Visitors yesterday(昨日):
2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

後藤徹さん事件の衝撃は・・・・・

もう既に、後藤徹さんの事件が過去になってしまいつつあるのだろうか?

この事件の事を知った時、事実を知った人は、誰もがこれは大変な事だということを実感するだろう。それほどこれは我々にとっても衝撃的な事件だった。

(事件の詳細は米本和広著『我らの不快な隣人』拉致監禁を荻窪駅で訴える後藤さん(本人)の映像参照)
宗教ランキング←クリック(応援)お願いします。

その著者の米本さんが、最近、後藤さんの陳述書をブログで公開している。これを読めば後藤さんの拉致監禁が、いかに不条理なものかということが白昼の下に晒されるだろう。

1部引用すると、
>1995年9月11日夜、東京都西東京市の自宅に帰宅して滞在中、両親、兄、及び庭に潜んでいた見知らぬ男性らによって四方八方を囲まれ、左右両脇を抱えられ抵抗できない状態にされて、家の中から引きずり出され、ワゴン車に監禁されました。後日判ったことですが、庭に潜んでいた男性は、宮村が経営する株式会社タップの従業員でした。
((1) 新潟のマンションでの監禁より引用)

親族だけでは到底拉致監禁は成功しない。 しかしここに拉致監禁のプロが介入することによって、極悪非道なことが、あたかも両親や兄弟によって仕組まれたように工作されるのだ。

拉致監禁問題は断じて単なる親子の問題ではない。今後、第二第三の後藤さんを作ってはならない!!

現在も監禁されている4人の事も気になっている。早急なる拉致問題の解決を望む。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">