コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 182This post:
  • 462035Total reads(閲覧数):
  • 171245Total visitors(訪問者):
  • 55Visitors today(今日):
  • 66Visitors yesterday(昨日):
2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

世界の母国って・・・ゴルドン夫人について

統一教会の教説によれば、
もともと、世界の母の国としてイギリスが世界に立つはずだったという。
島国で、海洋国家で、女王を中心として世界に覇権を持ち、植民地には、教育熱心だった国だ。しかし失敗し使命を果たせなかったので
使命が日本に移ったという解説は、私にとって非常に納得できるのだ。
例えば“左側通行”。世界広しといえどもイギリスの影響権にある国と日本ぐらいだ。
日本といえば、古代より卑弥呼や天照大神といった“女王”が立ってきた国で、“島国で海洋国家なので、十分にイギリス的なのだ。

イギリスの文化を日本に伝えた功績がある方といえば、明治期に活躍したゴルドン夫人(Gordon, Elizabeth A.)だ。ビクトリア女王の女官という経歴を経て、後年来日した。
http://www.wul.waseda.ac.jp/TENJI/virtual/gordon/index.html

この方は、キリスト教と仏教の同一性を確信し、景教碑のレプリカを高野山に建てた。そのお墓が高野山景教碑の傍にある。大熊重信と親交があり、イギリスの日本留学生を援助したり、日本に洋書を寄贈(ゴルドン文庫)した。

宗教ランキング←クリック(応援)お願いします。

Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">