コメントについて

コメントは承認制となっております。
過去の古い記事についてのコメントは担当者の個人ブログ
http://www.wakayama-somu.netの方に投稿お願い致します。

MBCNET 「平和のための旅 2015 ピースロード」

MBC NET ドキュメンタリー 「平和を愛する世界人」(日本語吹替版)

MBC NET ドキュメンタリー番組「文鮮明、統一と平和のための生涯」

Create a Life you love

最近のコメント

アーカイブ

2009.1月からのカウント

  • 371This post:
  • 483568Total reads(閲覧数):
  • 177759Total visitors(訪問者):
  • 59Visitors today(今日):
  • 72Visitors yesterday(昨日):
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ラスベガス紀行-〔1〕

1日目ラスベガスのホテルフラミンゴに到着。ここがラスベガスでの活動拠点だ。
このホテルはラスベガスで一番古い。〔写真〕
img_0190s.jpgimg_0191s.jpg
宗教ランキング←クリック(応援)お願いします。

映画バグジーでも有名な ※ベンジャミン・シーゲルというアメリカのギャングが、建設した。しかし最初は経営がうまくいかなかったため、責任をとらされて仲間に殺害された。彼の死後
彼の死がうわさになり客足が伸びたという。

日本との時差は16時間。ちょっと時差ぼけだが次の日から観光へ・・・・。

※WIKIより:ベンジャミン・シーゲル(Benjamin Siegel、1906年2月28日 – 1947年6月20日)はアメリカのギャングで、ラスベガスの開発推進者。渾名はバグジー (Bugsy)。意味はばい菌、害虫といった蔑称で、彼自身はこの名を忌み嫌っていた。性格は荒っぽく気分屋だったが、社交的で女好きだったという。身長は180センチを超す長身で顔は映画スター並のハンサムだった。彼は服装には気をつかい、当時としては破格の200ドルもするスーツを着て、シャツはハンドメイドでシルクのもの、整髪にも手を抜かず。指にはマニキュアをしていたという。身体もジムに通い鍛えていた。ナイトクラブやレストランでは気前もよくウェイターにはチップを渡していたという。

次の映像はホテルフラミンゴに着いた時、ガイドが隣接するシーザーズパレスを紹介しているところと、ホテル内部のカジノの様子だ。



Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">